fbpx
あの雲のように自由きままに生きる!

MacBookPro 2016 15インチに使えるモバイルバッテリーとは!?

RAVPOWERのRP-PB058 PD対応モバイルバッテリー

なかなか見つからなかった15インチに使えるUSB-C PD対応のモバイルバッテリー

MacBookPro 2016 15インチを入手してから、ネットでずっと調べていました。

amazonでのカスタマーレビューなどで探しても、なかなか「15インチで使えてます。」というのがありませんでした。

これはもう買って試してみるしかない!USB-CでPD対応のモバイルバッテリーを比較検討して、価格も安いものを探し出しました!

「RAVPOWER」の「RP-PB058」です。
容量は、26800mAh / 99.16Wh
USB-C PD対応しています。

31Wの充電器と認識されて充電できています。
MacBookPro 2016 15インチに使えています!

 

amazon商品説明より引用

* Type-CポートとUSBポートの便利な組み合わせ:Type-Cポート+2つのUSBポートより、Type-C機器 (DC 5V/3A,9V/2A,15V/2A,20V/1.5A) と普通のUSB機器 (最大 5V/2.4A)を3台同時に急速充電できます。
* 高出力のUSB-C充電器付:MacBookの純正充電器と同じ、最大30Wの出力をご提供でき、Type-C携帯端末はもちろん、MacBookもフルースピードで充電できます。Type-Cケーブルは付属していません)。
* 本体への急速充電:付属のUSB-C充電器を使用すれば、Type-Cポートより、大容量ながら約4.5時間の短時間でフル蓄電できます。
* 26800mAhの超大容量:一回のフル蓄電で、iPhone 6sを約10 回, Galaxy S7 を約6 回, 12 インチの MacBookも約 3 回の充電ができます。
* iSmart出力自動判別機能を搭載:接続されたデバイスを自動的に検知し、最適な電流をお送りします。デバイスに応じてわざわざ充電ポートを選ぶ必要がありません。

MacBookPro 2016 15インチのバッテリー容量は、、76.0Whです。
99.16Whということは、1.3回分。十分な容量です。稼働時間を倍にしてくれるのは助かります。

RAVPOWER RP-PB058の写真です

RAVPOWER RP-PB058の箱の写真

RAVPOWER RP-PB058の箱の内部

RAVPOWER RP-PB058の本体背面

RAVPOWER RP-PB058の端子

RP-PB058の単体の重量は460gです。

RAVPOWER RP-PB058単体の重量

RP-PB058と付属のキャリーバック、ケーブル1mの重量は516gです。

RP-PB058キャリーバックとケーブル含む重量

USB PDを使うには、ケーブル選びに注意しましょう。

ケーブルが付属していません。「PD対応」のケーブルを買いましょう。

amazonの「よく一緒に購入されている商品」はあてになりません。
大きな電流が流れるため3Aか5Aに対応したものを選びましょう。

私は大事をとって5Aまで使えるケーブルを買ってみました。。

給電と受電が入れ替わっていることも。。気をつけましょう。

100%まで充電すると、Macでのバッテリ状態表示は「バッテリーは充電済み」「電源:電源アダプター」という状態になります。

ここで、ケーブルを一度はずして再接続すると。

MacBookからモバイルバッテリーへ充電になってしまう場合があります。

そんな場合は、ケーブルを一度外して、RAVPOWER本体の電源ボタンを入れてから再度つないであげます。mac側で「フォン」というおなじみの音がすれば、給電がはじまっています。

MAC画面の上部にあるバッテリーインジケーターに「雷マーク」が出ているか?
それをクリックして、「バッテリーは充電済み」「電源:電源アダプター」となっているか?確認しましょう。

RAVPOWER 26800mAh USB-C モバイルバッテリー を実際に使ってみて、

2017/2/2    MacBookPro のバッテリー残量を50%から100%にするのに、どのくらい時間がかかるか?試してみました。

0:00 50% 「アクティビティモニター」の充電完了予定は3時間と出ます。
0:11 55%
0:20 60%
0:44 70%
1:01 80%
1:33 90%
1:56 96%
2:01 98% 本体LED表示は1つ
2:06 99%
2:08 100% 2時間ちょっとで100%になりました
3:02 100%
 3:17  100%  本体LED表示はまだ1つ
 4:18  100%  バッテリー本体のLEDが点滅しはじめる。そろそろ終わりかな?
4:33  99%  100%から99%へ減り始めました。

まとめてみると。。

  • 2時間ほどで、MacBookPro 2016  15インチのバッテリーを50%から100%にします。
  • 稼働時間は、4時間30分。最初の2時間は充電し、残りの2時間半、給電し続けました。

macシステムレポート、電源の表示

「このMacについて」ー「概要」ー「システムレポート」ー「電源」では、31Wの充電器と認識しています。

これで、外で、バッテリーの心配をすることなく快適にMacBookPro 2016  15インチが使えるようになりました。値段もお手頃です。