あの雲のように自由きままに生きる!

「生」米こうじで甘酒を作ってみました。

イオンで生こうじが売られていたので、甘酒を作ってみました。
前回は「低温乾燥」の米こうじを使いましたが
ぜひ、生こうじを使ってみたいと探していました。

作り方は前回と同じ、米こうじと水だけの「はやつくり」です。
nama-kouji

水は南アルプス天然水を使いました。

裏面解説。こうじの漢字由来。甘酒に使う「こうじ」はお米に花が咲く「糀」なんですね。和製漢字です。麦に菊が咲く「麹」は中国から伝わった漢字です。

真空パックになっています。封を切ると中身はパラパラ。。

米こうじ400gに対して水を500ml入れてみました。

ヨーグルティアで、60℃、8時間にします。

できました。ちょっと水が多すぎたかな?

 

生、米こうじ甘酒の味は?

甘みは気持ち「低温乾燥」より少ないかなという程度。十分な甘みです。米粒が砕けた感じに柔らかくなっています。dekiagari

私の場合、甘酒の何がいいって、米粒を味わうことなんです。

私の好みは「低温乾燥のみやこ・こうじ」でした。
米粒のぷるるん感がたまりません。冷やしてデザート代わりにスプーンで食べてます。