あの雲のように自由きままに生きる!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット、申込時の注意点、審査時間、届くまでの日数は?

会社の税金の支払いにクレジットカードが使えるということを知りビジネスカードを作ることにしました。

年会費は20,000円ですが経費で落とせます。

税金の支払いは年間で100万〜200万円にもなります。

これにポイントをつけて有効利用しましょう!

セゾン・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

  • 個人名義でもビジネスカードが作れます。
  • 法人を証明する書類が必要ありません。
  • 引落し口座を個人か法人かで選べます。
  • 年会費が経費で落とせます。
  • 年間200万円以上決済すれば翌年の年会費は1万円になります。
  • JALマイルが1000円の決済で10マイル貯まります。
  • 永久不滅ポイントをJALマイルに交換することができます。
  • 海外空港ラウンジを利用できる「プライオリティパス」のプレステージ会員(通常年会費399米ドル)に無料で登録することができます。
  • 公共料金・携帯電話料金の支払いもできます。

個人事業主・自営業者・小さな会社の経営者にはピッタリなカードですね。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの発行はこちらから

 申し込み手順

WEBで申し込みをします。

30分以内には完了します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの発行はこちらから

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの発行はこちらから

申し込みに用意しておいたほうがいいもの

免許証番号の入力が求められるので運転免許証を用意しておきましょう。

名義はどうなる?

個人名義での申し込みとなります。

会社の情報を入力する必要はありますが、会社名、事業内容(選択)、従業員数(選択)、電話番号などの簡単な情報の入力です。

口座引落しは会社名義の口座を指定しました。

引落し口座の申し込みは、カードが郵送されてきた時の封筒に口座振替依頼書が同封されています。

カードが届いたらすぐに記入して出しましょう。

引落し口座を法人名義口座にすると

経費処理のための仕分けが不要になります。

利用明細書を印刷して決算期に会計事務所に提出するだけです。

領収書を取っておいて後で入出金明細書に記入という手間が省けます!

とても楽ですね。

注意点として、銀行口座の代表者名が、申し込み人名義である必要があります。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの発行はこちらから

 

入力時の注意点

自宅の電話番号では050からはじまるIP電話番号が使えません。

通常の10桁の電話番号の入力が求められます。いづれか必須なので携帯電話番号の入力だけでもいいでしょう。

本人確認のための電話がかかってきます。

番号のお間違えのないように。。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの発行はこちらから

 本人確認書類を画像で撮ってアップロードというのはありませんでした。

運転免許証の番号の入力を求められただけです。  

暗証番号の設定と各種サービスの選択をします。

高速代(交通費)の精算もまとめられるのでETCカードも申し込みしておきました。

あとは保障サービスの選択でしたので省きます。

30分以内の入力で申し込みができました。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの発行はこちらから

申し込み2日後には入力した電話番号に本人確認のための電話がきます。聞かれる内容は?

4/17にWEBでの申し込みを完了しました。

4/19のお昼休みに携帯に本人確認がきました。

聞かれた内容は以下の通りです。

なんと!生年月日だけ。。

住所は向こうが確認のため読み上げるだけでした。

その日のうちに、セゾンから「カード発行手続きが整いました」というメールが送られてきました。

審査は通ったということです。

このメールを受けてから1週間後にカードが郵送されてきました。

カードが到着したらまずすべきこと

カードはWEB申込から10日ほどで到着しました。

カードが到着したら次のことをすぐにやっておきましょう。

  • カードの裏にサインをします。
  • 預金口座振替依頼書を提出します。

申し込みを簡単にするために、個人名義でおこない、引落しは口座にしっかりと記録の残る会社名義にしました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とても簡単にプラチナカードを発行することができました。

申し込みから10日という早さで発行できました。

高い税金を払うのにそのまま払ってしまっては、勿体ありませんよね。

年会費も経費で落とせるビジネス用クレジットカードは持っていて損はありません。

ぜひ作ってみて活用してみてください。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスカードの発行はこちらから