あの雲のように自由きままに生きる!

WiMAX 2+を始めてみてわかったこと。速度・メリット・デメリット

WiMAX 2+をSPEEDTESTで測定

WiMAX 2+を導入して2週間たちました。

WiMAX 2+の謳い文句は「下り440Mbpsの高速通信」ですが、 実際に使ってみた速度はどのくらいなのでしょうか?

SPEEDTESTで測定してみました。http://www.speedtest.net/

また、導入してみて感じたことをシェアします。

WiMAX 2+使ってみた本当の速度は?

WiMAX 2+の通信速度は、安定的に20〜40Mbps出ています。

WiMAX2+の通信速度は

いつも作業するファミレス、喫茶店の場所は市街地なので、電波状況は良好。窓から離れた席でも変わりありません。

結果、外でPCを多用するのでWiMAX 2+にしてよかったです。 自宅では、クレードルにセットしておけば、家LANに使えます。

WiMAX2+導入前は、外でPCをネットにつなぐ時、格安SIM(IIJmio)を入れたiPadmini4でテザリングしていました。

PCでつなぐとデータの使用量はハンパないです。 数日で6GBの容量を使い切ってしまい、パケットを追加購入して結構な請求額になってしまったことがあります。

これならWiMAX2+をメインにして格安SIMのデータプランの容量を減らせます。

WiMAX 2+を使い始めて感じたメリット

  • 格安SIMのような、お昼休みの速度低下がありません。
  • 市街地なら常に20〜40Mbpsの安定的な通信速度がでます。
  • ギガ放題プランでつなぎ放題。高速でつなぎ放題は快適です!
  • PCがすぐにネットにつながっていてる状態はいい!(家LANでネットしているのと同じ環境に。スマホでのテザリングは認識にちょっと時間がかかることがあり不満でした。)

WiMAX 2+を使い始めて感じたデメリット

  • あたりまえですが、WiMAX 2+の端末を持ち歩かなくてはなりません。 (格安SIMでテザリングならスマホ1台ですみますが、さらにもう1台持つ必要があります。)
  • 郊外の屋内では場所によって電波の弱い所があります。(窓際に置くと解消されることが多いです。)
  •  電波の受信しづらい場所(アンテナ1,2本)では速度は4〜5Mbpsと遅くなります。 
  • PCでつないで月15GB以上データを消費しないのなら割高になります。

まとめ

WiMAX 2+は、外でPCをガシガシ使う人、データ容量を月15GB以上使う人にはオススメです。 また、お昼休みの速度低下がないのは快適です。